投資における勝ち組! 初心者から上級者まで使える戦略

 みなさん、こんにちは。前回の記事で積立で投資信託を購入することに関する記事を書きましたが、今回はそう言った購入方法を含めていったいどういったファンドで運用をすればいいのかに関して書いていこうと思います。

運用に関して前提になること

 「積立で投資信託を購入するにしても、一括で購入するにしても、最低でも5年、できれば10年程度継続して運用すること。」です。

 前回の記事でも書きましたが、1年や2年の運用期間でも利益を出すことはできます。しかし、実際にデータを見てみると、短期間での運用の場合には半々の確率で利益を得られたり、損失を被った入りします。しかし、5年以上続けることで、利益を得られる確率が95%以上になり、損失を被る可能性が5%以下になります。さらに、10年近くまで続けることによって、そこで出た利益をさらに大きくすることができます。短期間で売買することになると、タイミングが最も重要なものになってしまいます。このタイミングを見極めるというのは、投資のプロでも非常に難しいことです。ましてや、投資の素人が決して行ってはいけないことです。このように、今回は長期間運用することを前提にした投資での場合を考えてください。

投信を選ぶ時の運用形態とは

 投資信託には大きく分けて2種類あります。一つ目は、インデックスファンドと、もう一つがアクティブファンドです。インデックスファンドとは、投資のプロが積極的に売買をするのではなく、日経平均株価やNYダウなどの特定の指数に連動するように、個別銘柄を売買する投資信託です。逆に、アクティブファンドとは、特定の指数に連動するようにではなく、機関投資家が優良な個別銘柄を発掘してより大きなリターンを得られるように、積極的に売買をする投資信託です。今回は、この二つの中で特にインデックスファンドによる運用に関してお勧めします。

アクティブファンドとインデックスファンド

 次に、インデックスファンドとアクティブファンドのメリット、デメリットに関して紹介します。最初にインデックスファンドのメリット・デメリットを紹介します

インデックスファンド
メリット デメリット
・手数料が安い ・大きな利益を狙いにくい
・損益がわかりやすい ・下がるときには一瞬で下がる

 インデックスファンドは、参考にする指数に連動するように銘柄を売買しますので、インデックスファンドには必ずベンチマークとなる指数があります。そして、その指数の大抵が日々新聞やネットニュースなどに乗ってきます。そのため、その増減を見ればファンドの基準価格の増減がかなり明瞭にわかります。これが一つ目のメリットです。二つ目のメリットは、手数料が低いという点です。インデックスファンドは、個別銘柄を選定して売買するのではなくて、ある指数に連動するように売買するファンドです。そのため、コンピュータに自動プログラムしておけば、銘柄選定は行ってくれます。そのため、手数料がかなり安くなります。投資信託には信託報酬という投信を保有しているだけで毎日発生する費用があります。率としてみれば非常に小さいですが、年数が重なれば重なるほど差し引かれる金額は大きくなっていきます。この場合、費用として差し引かれていなければ得られていたであろう運用成果を得られないという機会損失の額が大きくなってしまいます。しかし、インデックスファンドはこの信託報酬が少ないので、その機会損失がかなり小さく抑えることができます。

 インデックスファンドで運用する時のデメリットは、大きな利益を狙いにくいという点です。インデックスファンドは指数に連動するように運用をします。指数は様々なものがありますが、代表的なものでは日経平均株価やNYダウがあります。このような指数は、ある指数と連動性があります。それがその国の経済規模を示すGDP成長率です。このGDP成長率はだいたい2~3%低dなことが多いです。もちろん完全に連動するわけではないので、ブレ幅はありますが、年間で平均するとだいたいこの程度儲かる可能性が高いです。アクティブファンドの場合には運用がうまくいくとこれ以上に利益を得られる可能性が高いです。もう一つのデメリットの、下がるときは一瞬ということですが、インデックスファンドは特定の指数に連動するように運用をします。救済措置はありません。そのため、リーマンショックのような金融危機が起こると、株価などの指数は一気に下落します、当然指数に連動するように、組成された投資信託も一気に下落してしまいます。インデックスファンドには以上のようなデメリットがあります。

 次に、アクティブファンドのメリット・デメリットを紹介します。

アクティブファンド
メリット デメリット
・短期間でも大きな利益 ・手数料が高い
・下落局面にも下がりにくい ・運用がブラックボックス

 アクティブファンドは、機関投資が独自に運用銘柄を選定して、積極的な売買を行うことで利益を出していく仕組みです。そのため、手数料が高くなってしまいます。また、その運用戦略というのは、抽象的にしか公開されていません。そのため、いったいどのように運用されているのかということが非常に不透明な状況です。

 そのため、アクティブファンドは、短期間でも利益が出やすいですし、下落局面においてもそれに合わせて、運用資産を変更することができるので、下がりにくくなっています。

なぜインデックスファンドよいのか?

 上記のようなそれぞれのメリット、デメリットがありますが、総じてインデックスファンドでの運用がよいといわれています。というのも、過去のデータですが、「ほとんどのアクティブ運用はインデックス運用に勝利することができない」というデータが出ています。もちろん、アクティブ運用の中には、短期間で資産を倍にすることができるほどに運用がうまくいったファンドなどもありますが、そういったファンドを見つけることは非常に難しいですし、仮に今まで倍にできるほどのファンドがあったとしても、今後も倍にできるとは限りません。そのような意味で、アクティブファンドよりもインデックスファンドでの運用の方がよいと考えられます。

 

 以上のようにインデックスファンドで運用することで、アクティブファンドで運用するよりも、非常に効率的な運用を行うことができるのではないでしょうか? 最後にインデックスファンドを選ぶ時の注意点を書きます。インデックスファンドを選ぶ時には、だれもがやらないような奇をてらった珍しい対象や地域には投資をしてはいけません。アメリカや中国、日本、そしてヨーロッパなどのメジャーな投資地域に投資をしているものを選択し、その中で最も手数料の安いものを選んでいきましょう。それがもっとも効率的に資産運用をすることができる方法です。

 

今回の内容は以上です。

面白いと思っていただけましたら、ぜひ「いいね」や「コメント」をお願いします。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。