ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を投資でどのように使うのか?

皆さん、こんにちは! マネーの育成術へようこそ!
この記事を開いてくれてありがとうございます。

さて、今回の記事では個別株式の投資について書いていきます。個別株式で投資をするときには様々な投資手法がありますよね。今回は私が思う個別幹部投資において最低限注意しなければならないことを書いていこうと思います。

株式投資をするときの利益を得る方法とは?

株式投資で利絵益を得る方法は大きく分けて二つです。

①キャピタルゲイン

②インカムゲイン

キャピタルゲインは、投資対象になってる企業の株価が買った時より見高くなっている場合には得ることができる利益で、逆に株価が買った時よりも下がっている場合にはその分損失になります。これをキャピタルロスといいます。

逆にインカムゲインの場合には、企業が四半期ごとあるいは、半期ごと、年ごとに支払う配当金によって利益を得る投資手法です。

このように株式投資で利益を得る手法は、このように二つあります。

利益の源泉はなんだ?

上記のように投資で利益を得る方法は二つですが、こういった利益の源泉は企業のどのようなところから得られえているのでしょうか?

結論から言います。企業の利益からです。

株価は企業の価値だと思います。

株価が上昇するということは、企業の価値が上昇するということだと思いますし、企業の価値が上昇するということは、企業の利益が増加することであると思います。

企業の利益が源泉であることがわかりやすいのは配当金です。配当金の原資は何かご存じでしょうか? 配当金は企業の利益から株主へ支払われます。世の中には、高い配当金を支払っている企業などがありますが、その企業は高い利益を上げているのでしょうか?

また、連続して配当金を増やしている企業がありますが、そういった企業は連続s手利益を増やしてるのでしょうかもちろん、自社株買いなどを積極的に行うことによって配当金の総支払金額を減らして配当金を増やしている企業などもあるので、場合によっては増配はポジティブにとらえられる場合もあります。

このように企業の財務状況などから投資判断を行うことが、ファンダメンタルズ分析といいます。

利益が増えていれば、いつでもよいのか?

上記で、投資で利益を得るための企業の価値が向上することは、企業の利益の上昇であることを書きましたが、企業の利益が増えている状況であればいつでも購入してよいのか?

もちろん、そんなことはありません。

ここで役に立つのがテクニカル分析です。

テクニカル分析は、株の買い時売り時を測るための手法です。

このように株価チャートを利用して、株の買い時売り時を測る分析をテクニカル分析といいます。

投資対象の選択方法

このように投資を行う場合には、ファンダメンタルズ分析で最高の銘柄を見つけるだけでは足りません。ファンダメンタルズ分析で最高の銘柄を発掘した後に、テクニカル分析で最高の買い時売り時を判断しなければなりません。

これは機関投資家だけではなく、個人投資家も同じであると考えます。

また、このどちらが欠けることもよい投資をするためには、あってはならないことだと思います。

いくらチャートでよい買い時であると判断できても、よい銘柄でなければよい利益は得られないし、よい銘柄であって売買のタイミングを間違えてしまえば利益につながらないどころか大きな損失につながる可能性も高いと思います。

まとめ

今回の内容は以上です。最後まで読んでくれてありがとうございます。

今回の記事では、投資で利益を得る源泉はどこにあるのかということと、それを得るために最高の銘柄を最高のタイミング売買する必要があるために、投資家は個人であってもファンダメンタルズ分析とテクニカル分析が必要であることを書きました。

投資に関する本は世界に様々なものがありますが、私はこの本をお勧めしたいと思います。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。